FIORE BIANCA|フィオーレビアンカ|ウェディングドレスのレンタルショップ

ご予約・
お問い合せ

ブログ

party report~木漏れ日の中のGardenWedding~

ウェディングレポート ウエディングドレス タキシード

凛とした空気の漂うチャペルに優しく木漏れ日の差し込む午後、
バージンロードに1歩づつみを進めるご新婦様がお召になったドレスは
PETER LANGNER(ピーター・ラングナー)の1着です。

『ウエディングドレスが着る人の魅力を引き出す』という理念のもと
PETER LANGNERはChristian Diorのデザイナーから技術を学び、
女性を360度、どこを切り取っても美しいシルエットが見て取れるように計算し尽くされた
ドレスを展開しています。

ショートヘアがとても似合うご新婦様。
シンプルかつ洗練されたそのデザインと肌に吸い付くような心地さのファブリックは
踏み出す度に光を纏い歩く度に、美しい光沢感が特徴的な1着です。

Wedding Dress:03-6721/EVA

ドレスのイメージがないんです·····と初めての打ち合わせてお話し仰っていた事を
忘れるかのように、新婦様らしさ溢れるカラーに染めてくださいました。

お色直しでは、Elizabeth Fillmore(エリザベス フィルモア)を選ばれました。
ドレスが持つ魔法のような高揚感や、新婦様がドレスを選ぶ理由を
大切にしながらもモダンかつロマンチックに仕上げてくれるブランドです。

その中から、ご新婦様が選ばれたドレスは、花の刺繍が特徴的なマーメイドライン。
フロント部分には刺繍と立体のフラワーモチーフを重ね、
ゴールドのビーディングを施しています。

すべてハンドメイドで作られたビーディングの繊細さは息を飲む美しさです。

フィルモアの可憐さや、愛らしさの中に、
凛と佇む芯の強さをも感じさせる赤をポイントとしたブーケをセレクト。

Wedding Dress:03-20212/OCTAVIA

挙式後にお送り頂いたお写真はどれも素敵で、まるで映画のワンシーンの様な空間や,
ブーケのセレクト、どれをとっても、お二人らしさが溢れており、幸せな気持ちになりました。

 

何年経ってもこのドレスで良かった、とお二人の中の思い出が彩り続けますように·····。

< PREV NEXT >

Category

Shops

Brands

Style Line

Recent Entry