FIORE BIANCA|フィオーレビアンカ|ウェディングドレスのレンタルショップ

ご予約・
お問い合せ

ブログ

和装コーディネートのご紹介=Fiore Biancaオリジナル色打掛=

着物

いつもFiore Biancaのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、Fiore Bianca西鉄グランドホテル店より、
Fiore Biancaオリジナル色打掛の
ナチュラルで気品のある、
少し大人なスタイリングをご紹介いたします。

西鉄グランドホテルの最上階には、
The Conservatory Of Muse(ザ・コンサバトリーオブミューズ)という
ペントハウススタイルのバンケットがあります。

自然光のふり注ぐ開放感溢れる空間かつ、
シックでシンプルな内装が特徴的なこちらのバンケットは、
ドライフラワーやたっぷりのグリーンに囲まれ、
リラックスしながらアットホームなパーティーを楽しみたいお二人に人気な会場の1つです。

このようなパーティーイメージをお持ちの花嫁様の中には、

「和装が着たいけど、ナチュラルな雰囲気にしたいしお色直しはカラードレスにしようかな」
「色打掛の豪華さは残したい、でももっと柔らかい印象で着たいな」

と悩まれる方も多く、
きっと式場が違っても同じように悩まれている花嫁様も多いのではないでしょうか?

そこで、そんな花嫁様にぴったりなコーディネートをご紹介させていただきます。

色打掛もナチュラルで、気品あるコーディネートに
色打掛:01-5035松梅文/ゴールド/Fiore Bianca Original

こちらの色打掛は、Fiore Biancaオリジナル色打掛第一弾の作品です。
糸の色にとてもこだわった絶妙な光沢感のある
柔らかなゴールドの地色がとても美しく、
高級感と気品を感じさせる色打掛に仕上がりました。

厳しい冬でも落葉せず、
断崖絶壁の上でもよく根を下ろす「松」
厳しい冬に花を咲かせる「梅」

このように松と梅は厳冬にもめげず、
緑を保ち花を咲かせることから、
忍耐強さと真心をもった人を意味する
吉祥文様として古くから用いられてきました。

色打掛もナチュラルで、気品あるコーディネートに

松と梅の文様は柔らかな丸みを帯びたタッチで描き、
特殊な唐織の技法にて更に立体感をだした
柔らかな色合いでもお写真映えのする1着です。

色打掛もナチュラルで、気品あるコーディネートに

ベージュ調の品のある色掛下に、
あえてシンプルな白地の半襟、
金糸で松を描いた白地の箱迫と懐剣をあわせ、
帯揚げのみ若草色のグリーンをいれてコーディネートいたしました。

より花嫁様の自然な笑顔を引き立たせ、
お二人がこだわって選んだナチュラルな装花やパーティ会場とも相性がよく、
高級感は残しつつ、上品にナチュラルな印象でお召しいただけます。

色打掛もナチュラルで、気品あるコーディネートに

ヘアアレンジには、
ドライフラワーや生花も合いますが、
ゴールド調のヘッドアクセサリーを合わせ、
アンティークな雰囲気でお召しいただくこともおすすめです!

お着物だけではなく、合わせる小物で自分らしさを表現できるのも、
和装をお選びいただく魅力の1つです。

ぜひ、あなただけの和装のコーディネートを一緒に考えてみませんか?

 

Fiore Biancaオリジナル和装はこちらからご覧いただけます。
ご試着やご来店についてのお問い合わせは、
Fiore Bianca西鉄グランドホテルまでお問い合わせくださいませ。

 

 

 

< PREV NEXT >

Category

Shops

Brands

Style Line

Recent Entry